自動車の買取は専門の中古販売店に依頼するほうがよい

車内

直接取引する強み

中間業者の存在

ハイエースの買取、それはいわば中古車取引業界の力を借りることだといえます。
個人間で自動車の売買を行うのはあまりにも手間がかかる上に、買取希望者を見つけることは難しい部分があります。手間がかかる上に顧客発見が難しいからこそ、個人間の取引は行われたとしても主流にはなりません。
不動産を取引するのと同じで、購入希望者を見つけられる可能性が高い中古車取扱店に車両を引き取ってもらうほうが、ハイエースの買取は明らかに有利です。
ここで考えておきたいのは、今から取引を行おうとしている業者は直接取引ができるルートを持っているかどうか、という点です。
中古車と一言に言っても様々な流通ルートが有り、その中でも直接仕入れと直接販売ができるお店のほうが有利なのは明らかです。
中間マージンが発生しない直接取引を行っているハイエースの買取専門店に託すのが、ハイエースの譲り先としては最も適切です。

仕入れの流れ

中古車販売店が収入を得るためには、もちろん中古車を仕入れてくる必要があります。
この時、多くの場合は中古車販売店は専門のオークションに買い付けに行き、商品を落札して仕入れを行っています。
そして、オークションに出品する買取専門店が存在するからこそ、中古車販売店はオークションで仕入れができるという構図が成り立ちます。
ですから、一口にハイエースの買取といっても、オークションに出品する業者と、消費者に販売する業者との違いがあります。
ここで考えたいのは、いずれの業者も利益を出さないといけないということです。
オークションに出品する業者は落札価格を想定しながら仕入れ値、すなわち消費者から車両を買取する価格を決めます。ということは、当然本来売れる価格よりも安く買い叩かれるという結果を生むという結果につながります。
結果として、ハイエースの買取を依頼するならば、オークションから仕入れてくる側、消費者に直接売れる取引を行っている業者に査定をしてもらうほうが、中間業者が発生しない分高く売れる可能性があるということがわかります。

Copyright (c) 2015 自動車の買取は専門の中古販売店に依頼するほうがよい all reserved.